土地・保険・引越し・家具など【リンク集】住宅関連

夫婦で住宅ローン減税「夫婦でお得に控除」

1 min

共働きで、夫婦それぞれが所得税を納めている場合、住宅ローンをそれぞれが借りて、それぞれが住宅ローン減税を受けることが可能です。
1つのローンでも連帯債務にすれば、住宅ローン減税をそれぞれで受けられます。

夫だけ、夫婦それぞれ どちらがお得

どちらがお得かはケースバイケース。
夫ひとりで借りた場合に、所得税と住民税の合計が控除額より少なく、引ききれない場合は、夫婦でローンを組みそれぞれでローン減税を受けたほうが控除額の合計が多くなります。

[box class=”box27″ title=”注意”]夫婦で住宅ローン減税を受けている際、どちらかが仕事を辞め、ひとりが2人分の返済をすると夫婦間でも贈与税の対象となることがあります。[/box]

夫婦ふたりでローン減税 参考例

夫ひとりがローンを組み、住宅ローン減税もひとりで受ける場合

入居した年の年末ローン残高が4,000万円の場合、控除額は最大40万円

所得税額 控除額
40万円 所得税から40万円
35万円 所得税から35万円 住民税から5万円 合計40万円
20万円 所得税から20万円 住民税から9.75万円(住民税最大控除額) 合計29.75万円

夫婦がそれぞれローンを組み、住宅ローン減税もそれぞれ受ける場合

夫婦それぞれの所得税額 控除額
それぞれ40万円 所得税から1人20万円、合計40万円
それぞれ35万円 所得税から1人20万円、合計40万円
それぞれ20万円 所得税から1人20万円、合計40万円

2017年5月19日掲載
掲載時の情報になります。最新の情報ではない場合があることをご了承願います。

【ハウハウ】最新記事をメールで購読する

メールの登録で最新記事をメールにてお届けします。不要の場合はいつでも解除できます。

オオノ

オオノ

一級建築士

こんにちは。一級建築士のオオノです。【ハウハウ】は家づくりに関連したお役立ち情報などのノウハウを伝えることを目的にしたブログです。住宅をメインにした一級建築士設計事務所を開設して17年(2021年で)が経ちました。設計業界で仕事をはじめて27年です。

経験したことなどを含めていろいろ書きたいと思います。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × four =

wp-puzzle.com logo