土地・保険・引越し・家具など【リンク集】住宅関連

【住宅ローンとは】種類は?みんなはどこで借りているのかデータでチェック

2 min
住宅ローンとは

家づくりに欠かせないお金。

ほとんどの人たちが住宅ローンを組んで資金を用意しています。

現金をたくさん持っている人でも、家づくりには昨今のマイナス金利による低金利の住宅ローンを利用して、お金を有効活用するなんてことも。

複雑な住宅ローンについて、いろいろと紹介していきたいと思います。
その第1回目です。

そんなわけで、本記事は「【住宅ローンとは】種類は?みんなはどこで借りているのかデータでチェック」について書いていきます。

住宅ローンとは

住宅ローンってなんでしょう?

住宅ローンとは家を建てたり、改築したり、建売住宅や中古住宅を購入する時にその住宅の資金を調達するために金融機関で組むローンのことです。

住宅ローンといっても、実際は様々な種類がありますので次に紹介します。

住宅ローンの種類

住宅ローンには大きく分けて3つの種類があります。

「民間融資」「フラット35」「公的融資」の3つです。

民間融資

「民間融資」は民間の金融機関による住宅ローンです。
民間住宅ローンにはさらに様々なタイプがあり、ニーズに合わせて新しい商品が生まれているのが特徴です。

近所の銀行、勤務先の取引銀行、JAなどが含まれる民間融資は一番身近なものになると思います。

取り扱い金融機関は「都市銀行、信託銀行、地方銀行、第二地方銀行、ネット銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、生命保険会社、損害保険会社、信販会社、農業協同組合、漁業協同組合、モーゲージバンクなど」になります。

フラット35

2007年3月に住宅金融公庫が廃止され、その後、独立行政法人住宅金融支援機構を立ち上げ住宅ローンを証券化したもが「フラット35」です。

「フラット35」は民間の金融機関が融資した住宅ローンの債権を証券化して投資家に売却したものになります。
金融機関はリスクが減り、住宅融資のローン期間中を全て固定金利とすることが可能になりました。

「フラット35」には大きく分けて「買取型」と「保証型」の2種類があります。

公的融資

公的融資には「住宅支援機構」「財形住宅融資」「自治体融資」の3種類があります。

住宅支援機構による融資

2007年3月に住宅金融公庫が廃止され、公庫による住宅への直接融資は原則廃止さまれした。

その後、住宅支援機構を立ち上げ、民間では対応しにくい災害時や高齢者向けの融資などを行っています。

財形住宅融資

公務員共済組合などが行っている融資です。

「財形持家転貸融資」「共済組合直接融資」「福利厚生会社転貸融資」「財形持家直接融資」の4種類があります。

自治体融資

都道府県、市町村等の自治体が行っている融資です。

住宅ローンの利用者

住宅ローンを利用している人達がどれくらいいるのかチェックしてみましょう。

各金融機関の新規貸出のデータです。
(「住宅支援機構 業態別の住宅ローン新規貸出額及び貸出残高の推移」を利用)

単位:億円
機関等2018年度2018年前年比2018年構成比2019年度2019年前年比2019年構成比
国内銀行144,111-2.27%68.67%152,5545.86%69.91%
国内銀行
(信託勘定)
402-61.68%0.19%320-20.40%0.15%
信用金庫15,495-9.59%7.38%15,5400.29%7.12%
信用組合2,108-2.80%1.00%2,030-3.69%0.93%
労働金庫20,14113.84%9.60%19,565-2.86%8.97%
生命保険会社983-11.14%0.47%1,0112.91%0.46%
住宅金融専門会社等3,21946.28%1.53%3,83819.25%1.76%
住宅金融支援機構
(買取債権)
22,732-9.64%10.83%23,2522.29%10.66%
住宅金融支援機構
(付保債権)
2,42075.01%-3,70953.30%-
住宅金融支援機構
(直接融資)
365-10.09%0.17%293-19.58%0.13%
地方公共団体598-10.02%0.28%----
勤労者退職金
共済機構
740.00%0.04%8818.92%0.04%
沖縄振興開発
金融公庫
42-19.23%0.02%28-33.33%0.01%
総合計209,867-1.98%100.00%218,2003.97%100.00%

住宅ローンを利用している約70%が民間の金融機関を利用しているのがわかります。

民間融資には様々な種類があります。
条件などをしっかりとチェックしないと、返済金額に大きな差が出たり、トラブルの際に対応できなかったりするかもしれません。

長期間に渡って返済することとなる住宅ローン。
家づくりと同じように、じっくり考えて選びましょう。

よくわからない人にありがたいサービスがあるので紹介します。

少しでもお得に借りるならチェック!

利用料は「0」円
審査に合格しても本契約する必要はありません

詳しくは「住宅本舗」公式サイト:https://jutapon.com/homeloan/

↑ このサービスなら一度に複数の金融機関の仮審査を申し込むことが可能で、条件を絞ることもできます。
あなたの家庭、生活環境にぴったりの住宅ローンが見つかる確率も高いはずです。

詳しい紹介記事も掲載しているので、よかったらチェックしてください。

本記事は「【住宅ローンとは】種類は?みんなはどこで借りているのかデータでチェック」について書きました。

住宅ローンについてこれからもいろいろ紹介していきます。

【ハウハウ】最新記事をメールで購読する

メールの登録で最新記事をメールにてお届けします。不要の場合はいつでも解除できます。

オオノ

オオノ

一級建築士

こんにちは。一級建築士のオオノです。【ハウハウ】は家づくりに関連したお役立ち情報などのノウハウを伝えることを目的にしたブログです。住宅をメインにした一級建築士設計事務所を開設して17年(2021年で)が経ちました。設計業界で仕事をはじめて27年です。

経験したことなどを含めていろいろ書きたいと思います。

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo