大阪城レストハウス。

講演会の前に、大阪城にある建築家遠藤秀平さんの建築を見学しました。

    大阪城レストハウス。

  大阪城レストハウス。

  公衆トイレと軽食喫茶が入った建築です。

屋根は鉄板なのでペラペラです。
公衆トイレなど外部の天井は鉄板を錆びさせて、
軽食喫茶は白く塗装してあります。

建物は円上で、真ん中が石敷きの中庭です。

雨が中庭方向へ落ちてくるらしく、
樋も小さいので、雨があふれて、
中庭の石は錆びが付着して焦げ茶色に変化していました。
予定通りなのかはわかりません。

軽食喫茶で、お茶をしました。
床は石敷き、壁はガラス、天井は鉄板。
みんな硬い物なので、音の反響がスゴイです。
遠くに座ってる人の声もよく聞こえます^^
厨房の洗ったりする音もよく聞こえます。
気持ちを落ち着けて、石垣を見る雰囲気ではないですね^^

    軽食 喫茶

  軽食・喫茶の文字、エアコンが
  構造的にすっきりさせた建築のはずなのに、
  建築の魅力を半減させています。
  でも、使う人にとってはもっと大々的に看板を付けたいでしょうね。
  エアコンももっと効くようにして、
  ガラス面には暑くないよう日よけを付けて^^

    トイレ

  公衆トイレです。

構造は鉄板です。
鉄=サビのイメージはいいのですが、
トイレ=汚いのイメージに繋がりやすく厳しい仕上に感じました。

外から和便器が見えるのもビックリです^^

構造的に挑戦してあり面白い建築でした。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください