デジカメ。「オリンパス μ TOUGH-8000」


photo

先日のブログ「水晶浜」で使っていたデジカメは。
オリンパスの「μ TOUGH-8000」
山登りの愛読書。「山と渓谷」の8月号に「山で”使える”防水・防塵コンパクトデジカメ」という特集がありました。コンパクトデジカメをなんとなく買い換えたいな、と思っていたので、その比較記事を興味深く読みました。
元々は、山登りでいい景色をキレイに撮りたかったので、一眼レフデジタルカメラの軽量な物にしようかと考えていましたが、「NIKON D70」を持っているし、気温の動作範囲を調べると、みんな0℃まで。これでは寒いときは動作しないかもしれません。実際、寒いとき山の上では電池の残量が一気になくなった経験があります。(コンデジですが)
普段使いのコンパクトデジカメが「kodak V570」で、広角が23mmで現場や、室内撮りに大活躍してくれていました。この「v570」には今どき当たり前になった「手ぶれ補正」がないので、山登りの途中、歩きながら気軽にとったりができないのが残念です。(止まって撮ればいいけど^^、記録程度の写真は歩きながらだとありがたい)
記事の中から選んで、実際に購入したのが、この「オリンパス μ TOUGH-8000」でした。
広角側が28mm、耐温度がマイナス10℃。
そして、10mの防水性能。2mから落下しても壊れない耐衝撃性能。
乱雑に使っても大丈夫。山でも雨を気にせずに使ったり、誤って落としたりしても大丈夫(たぶん)
グローブをしたままでも操作が簡単、タップコントロールがあり、冬山で使用するのが楽しみです♪
仕事でも、雨の中デジカメに水が入らないか心配しなくていいし、大きな荷物が誤ってカメラの上に置かれても100kgf耐荷重構造で大丈夫(おそらく)
先日の、水晶浜でのハウジングなしの水中撮影はとても操作しやすかったです。液晶もキレイで水の中でもとても見やすい。
現場での使用は、ピントの合わせ方がうまくいかず(自分のせいかも)、雨の日以外は使いやすい「V570」を使います^^
楽天で検索 「TOUGH-8000」 価格が安い順
☆工事写真用の「工一郎」もあるよ!
楽天で検索 「工一郎」 価格が安い順

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください