土地・保険・引越し・家具など【リンク集】住宅関連 チェック

カギ。近所のおばさんがこまってた話

今日、お昼に近所を歩いていると、

少し離れた所から、
「すいませーん」
と、おばさんが声を掛けてきた。
困った顔をしていたので、道を聞きたいのかな?
って思ったけど、こちらに近寄ってこないので、
おかしいな、と思いそのまま帰ろうかなと思ったけど、
本当に困った顔をしていたので、
近くに行ってみた。

すると、おばさんは家の鍵を落としたとのこと、
目が悪くて一緒に探して欲しいのかなと思い、
「どこに落としたのですか」
と聞くと、
なんと、側溝の中に落としたらしい。
側溝には蓋がしてあり、目地には細かい砂利が詰まって、簡単には開きそうにない。

困った、、、
試しに手を掛けてフタを持ち上げようとするもびくともしない。
おばさんと一緒に困った顔になってしまった。
でも、もう放っておくことは出来ないので、
どこかに電話しようとするけど、
どこに電話すればいいか思いつかない。
近くにほかに頼れそうな人はいない。

とすると、
僕が蓋を持ち上げて、おばさんの家のカギを救出するしかない。
自宅にもどり、バールの変わりになるようなものを探すと、車のタイヤ用のレンチがあった。

とにかく、開けてカギを救出しないと、
僕も帰れない。
蓋の隙間からカギが確認できたので、
近くの蓋から順番に開けようと試みる。

なんとか、2個目の蓋がかすかに動いた。
おばさんのカギを取り出して帰りたい気持ちと、
僕のカギを取り出して帰りたい気持ちがひとつになり
少しずつ蓋が開いていく。

車通りの結構多い路肩で、
(邪魔だなー)という目線をうけつつ。
ついに蓋がはずれた。
やったー!

見詰め合う僕とおばさん。
まだ、蓋が外れただけで、カギが取れたわけではない。
さらにカギは、蓋一個分向こうにある。
お互いの心の中。
僕(さあ、蓋は外れましたよ。後は手を伸ばして取り出すだけですよ)
おばさん(申し訳ないけど、ドブの中に手を入れてカギとってもらえるかなー)
訴える目線に、僕が取らないわけにいきません。
僕が動き出した時点で、おばさんのカギを手渡すことが使命なのです。

かといって、地べたにはいつくばるのもツライ。
近くに棒切れか何かないか探しました。

するとありました。
棒切れ。

ちょうどいいサイズの棒切れは、カギのキーホルダーのリングに引っ掛かり、
ついにカギをおばさんに手渡すことが出来ました。

困った顔のおばさんが笑顔に。
よかったですね。おばさん。
がんばってやってよかった。

このサイトはWordpressテーマ「SWELL」を使っています

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (5件)

  • すごいですね、優しい心に感動しました。出てきて良かったですね。いい話ありがとう。

  • 楽天日記始まって以来の長編ですね。
    カギを見つけた時の苦労と思いが伝わる日記でした。

  • 則武の人さん

    長文にお付き合いいただきありがとうございました。

    おばちゃんの なんとかして という思い伝わりましたかね。

  • 大変でしたね~でも温かい気持ちに
    なれるお話どうもありがとうございます!
    おばさん、モゥモゥさんのお陰で
    助かりましたね。

コメントする

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる