アンケートで【5,000円のギフト券】がもれなくもらえる【スーモ】

もうすぐ春。

 
 
暖かくなったと思ったら、急にまた冷え込んできて、たまに雪もちらつきます。
花粉も急激に増えたらしく、ミワさんが辛そうにしていました。僕は今のところ大丈夫です。外で打ち合わせをしてきて事務所に帰ってきたら、目が充血していて真っ赤なミワさん。事務所で打ち合わせ中、ちょっと気分を害したみたいで、「この辛さわからんでしょ」と言われ、突然花粉症の話になったので、ちょっと戸惑う僕。
聞く話では、のどがすごく痛みくしゃみがでて夜は寝ることができないみたいです。辛そうな顔をしているのを見ると、僕も辛そうな顔をしそうになるけど、逆に笑顔を返します。するとミワさんも笑顔になります。

昨年、NHKでアレルギーの番組をやっていました。「病の起源 第6集 アレルギー ~2億年目の免疫異変~」 花粉症などのアレルギーは、人間の免疫システムの暴走が原因ではないかというものです。本来、人体にとっては無害であるはずの物に対して、勘違いをして人体が自身を攻撃するというもの。
大昔、ほ乳類を取巻く環境は、とても厳しいもので、種の保存のために免疫システムを獲得しました。現代社会になると、生活環境は清潔なものになり、免疫システムが攻撃するはずの対象に接することがなくなったのですが、花粉などをその対象と間違え、乳幼児期に免疫システムはエラーを起こしたまま完成をして、アレルギーなどを発症するということでした。

アレルギーになりにくい環境として、モンゴルの遊牧民、ドイツの農家が紹介されていました。「エンドトキシン」という細菌成分にふれる機会が多いほど、アレルギーを発症する確率が少なくなるということでした。「エンドトキシン」は家畜のフンに多く含まれています。
免疫システムはだいたい1歳までに完成してしまうので、それまでに「エンドトキシン」にふれる必要があります。

僕の小さい頃、1歳までの記憶はありませんが、もの心を持った頃、家にはニワトリ小屋があり、汲み取り式のトイレがありました。そんな過去が今、花粉症を発症せずに過ごせている理由かも知れないと思いました。

今度の日曜日、マラソン大会に参加します。10km走る予定です。
今週の火曜日からジョギングを始めました。走っている時は鼻から息を吸います。最近、鼻の奥がムズムズしてきました。
もしかして、花粉症?


岐阜を流れる長良川 遠くに橋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください