土地・保険・引越し・家具など【リンク集】住宅関連 チェック

「藤田嗣治展」。

昨日、行った各務原の「藤田嗣治展」。
かなりの消化不良になったので、

展覧会最終日でかなりの混雑が想像できますが、
京都での「藤田嗣治展」へ行くことにしました。

在来線で行くことにして、
時刻を調べて家を出発。
西岐阜駅に着くと、電車が遅れているとのこと、
どこかで雨が強く降って、少し遅れているのだろうと軽い気持ちで、
切符を購入して、電車を待ちました。

20分してもいっこうに来る気配がありません。
すると、アナウンスが流れました。

岡崎で人身事故のため電車が遅れているらしい。
電車は安城の駅を出発して、
西岐阜駅へは1時間30分後に到着予定
?????????????
1時間30分後頃には京都に到着予定のはずなのですが、、

大垣行きまでなら、
20分後に来るとのことでしたが、
大垣から先へ行けるかどうかわからないらしい。

どうしよう。。

とりあえず切符を払い戻して、
車で出発。

大垣駅に行きましたが、
駐車代が高そうなので却下。

次に垂井駅へ。
1日駐車500円。
が、満車です。
とりあえず、電車が来るのか車をロータリーに止めて、聞きに行きました。
すると、大垣から臨時列車が今出たところらしい。
8分後に到着予定とのこと、

少し離れたところにある、
町営駐車場へ車を急いで止めに行って、
ダッシュ!
電車がやってきました。
もうだめかな と思いながらダッシュ

駅員さんが切符はいいから、急いで
と言ってくれて、
そのままホームへ向かうと、
間に合いました^^

京都に電車でいけるのか?
と思いましたが、無事行くことが出来ました。

槇文彦さん設計の京都国立近代美術館に到着。

   建築家 槇文彦さん設計の京都国立近代美術館で開催中の藤田嗣治展

バスに乗り合わせた人たちの、
ほとんどがここで降りました。

美術館に入ると、
スゴイ人人人人人人人人人。

覚悟はしていましたが、スゴイ。

作品数もスゴイ。

人が多くて、大きな作品も遠目でみることは出来ませんでしたが、
近くでしっかりと見てきました。

3時間以上楽しんだ後、
美術館を後にしました。

帰りはとてもスムーズでした。

このサイトはWordpressテーマ「SWELL」を使っています

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

wp-puzzle.com logo

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる