【suaoki PS5B】を徹底解説 | キャンプや車中泊で活躍(ソーラーパネルと相性抜群)400Wh/120000mAhのポータブル電源

メーカー別セール情報

公式
amazon
PayPay

楽天
公式
amazon

amazon

PayPay
amazon

公式
amazon

amazon

楽天
amazon

楽天
amazon

公式
amazon
PayPay

公式

amazon

楽天
公式
amazon

PayPay
amazon

amazon

楽天
amazon

amazon

楽天
amazon

ポータブル電源サイト別セール情報

amazon ブラックフライデー

amazon ブラックフライデー

楽天お得バナー(読込に時間かかります…)

エントリーしてお得にポイントUP&クーポン


1 2 3 4 5 6


1 2 3 4

suaoki 120000mAh/400Wh PS5B』はsuaokiのポータブル電源のベストセラー商品。

2016年に発売されて以来、今も人気のある商品です。

現在は販売されていません

オオノ

詳しく紹介します!

事故を受けてのリコール対策アダプター、50/60Hz切替対応、内部バッテリーの変更など改良してよくなっているのも特徴のひとつです。

この商品リコール(2018-2-26)が出ています。
特に、2017年前半までに購入している人はチェックしてください。

詳しくは ⇒ こちらの記事へリコールの問い合わせ

2017年5月以降に販売されたものは対策品とのことです。
ACアダプター改良版のMODELは MDA10129402000 になります。

今までは発電機で賄うしかなかった出力のものが、リチウムイオン電池のおかげでコンパクトになりました。
うちではキャンピングトレーラーのスモールエッグの電源として主に使用しています。サブバッテリーの代わりです。バッテリー、充電器、インバーターが1つになってとっても便利。
照明とスマホの充電がメインですが、給水ポンプや冷蔵庫(冷えるかは試してません)の動作も確認できました。

今では生活に欠かせないスマホの充電。ノートパソコンやタブレット、ポータブルプレーヤーの充電。キャンプでの電気毛布の使用。外出先で気軽に使えるのがいいですね。
災害時もソーラー充電器と合わせて、役立つのは間違いなしです。

AC出力が300Wなので使用できる製品が限られますが、先日は車の配線のためはんだこての電源として役立ちました。手軽に持ち運びもできるので、コードリールより煩わしくなくてよかったです。何に使えるか考えるのも楽しいです。

更新日は記載の日であり、引用元の情報が掲載された日とは異なります。

クリックできる目次

suaoki PS5B 仕様

  • 製品名:120000mAh/400Wh ポータブル電源
  • 型番:SZBA2230
  • 容量:400Wh (120000mAh)
  • サイズ:230mm(L)x 140mm(W)x 230mm(H)
  • 重量:5.6Kg
  • 12ヶ月保証
  • 充電:0~45℃
  • 放電:-10~60℃
  • 湿度:10%~90%
  • 安全保証:PSE検査済み、MSDS認証

追記:2018-02-28 PSE検査合格、リチウムイオン仕様について

Yahoo!ショッピングの商品ページに掲載されている画像が更新されました。
以前はなかった「電気用品輸入事業届出書」が掲載されました。
(2019-01-04:画像削除されました)

この画像から平成30年1月16日に愛知県一宮市の高山企画株式会社が「電気用品輸入事業届出書」を中部経済産業局に提出して、1月29日に受理されているのがわかります。

リチウムイオンバッテリーの仕様について以前は不明でしたが、商品ページに記載されています。
・サムスン18650バッテリー採用
・サムスンCET安全システム認証
・LGより低温特性もっと安定している 商品ページ記載そのまま
と記載してあり、何かわからないという不安は減りました。
(現在販売中のもののことで、以前のものは違うかもしれません)


追記:2018-08-10 リチウムイオン電池数

suaoki 120000mAh/400Wh PS5B』のamazonの商品ページにリチウムイオンの電池の数量の記載がありました。

42個 搭載されているようです。

追記:2018-08-12 放電深度(DOD)

放電深度について記載したつもりでしたが、記載していないことに気が付きました。
400Whとありますが、実際に使用できる電気容量は80%の320Whとなります。
Yahoo!ショッピング「高山企画」Q&A「仕様・スペック資料がほしい」より

放電深度とは

二次電池の放電容量に対する放電量の比のこと。DODとも呼ばれます。
何サイクルもの使用が前提となる二次電池では、サイクル寿命が放電深度に強く依存していることが知られており、浅い放電深度で使用したほうが寿命は長くなると言われています。 (中略)サイクル寿命は放電深度が深いほど、そして使用温度の上昇と共に短くなるとされていますが、この影響は鉛蓄電池ほどではありません。 製品によっては仕様書等に放電深度ごとの想定サイクル寿命が記載されていますが、これを見てもわかるように、放電深度が深くなるほどサイクル回数は現象する傾向であることがわかります。
出典:蓄電池バンク

suaoki PS5B 充電(入力)方法

新DC入力ポートを採用 2020年3月4日より変更になっています。
(商品は旧、新のどちらかが混在するようです)

機能に違いはないということです。

楽天市場『suaoki PS5B』に掲載がありました。

1. 付属のACアダプタを利用してDCポートに接続

紹介しているのは旧式のアダプターになります。
現在のアダプターについてはこちらの記事で ↓

・ACアダプタ充電器(14V~40V(標準:72W/29.4V)

INPUT表示は78、79Wを行ったり来たりしています。400/78=5.13
空になったとして満充電まで5時間8分くらいかな。
(画像内のアダプターはリコール前のものになります、数値も同様)

販売店のBuyUwishによる接続手順のコメントがあります。

追記:2018-08-10 アダプター注意事項

  1. 本製品には、リコール対策済み品である新型のACアダプター(モデル:MDA10129402000)が付属されます。充電時、アダプター充電器の温度が50度ぐらいのは正常仕様です。このアダプター充電器は安全規格で最高温度が70℃までです。製品にはPSE、UN38.3、MSDSなど必要な認証が取得したことは確保できます。経済産業省にも「電気用品輸入事業届出書」提出済みです。ご安心ください。
  2. ACアダプター充電器により充電する際、ACアダプター充電器を本体に挿した後、家庭コンセントに接続してください。充電前、メインパワーボタンを2秒押して、本体を立ち上げてください。
  3. ソーラーパネルとACアダプター充電器は同時に本体へ充電してはいけません。

ACアダプター差し込み手順

  1. ACアダプターを本体に接続
  2. 家庭用コンセントにアダプターを接続
  3. 本体電源ボタンを2秒押して起動

アダプターについての記事は ↓

2. 付属のシガーライタープラグを利用してDCポートに接続

・カーチャージャー(12V/24V)

suaoki 120000mAh/400Wh PS5B』をアイドリング中のトヨタ シエンタに接続してみました。
18Wと19Wを行ったり来たり 400/18=22.22
満充電まで22時間13分だけど、シガー接続の場合電圧の関係で満充電できないようです。
エンジン回すと数字が変化しました。
遠出のドライブで、走行中に充電できるのはありがたいですね。

3. 付属のソーラー充電ケーブルをソーラー入力端子に接続

ソーラーチャージャー(14V~40V/10A最大、120W)

画像中央のケーブルが『suaoki 120000mAh/400Wh PS5B』に付属のソーラー充電ケーブル

ソーラーパネルは所有してないので試せません。
10A(MAX)14V~40Vの入力に対応。
コネクタはMC4規格

ソーラー接続でも電源が自動でオンにならないみたいです。せっかくの太陽光発電、勝手に充電してくれるといいですね。

追記:2018-08-08 オートチャージ機能あり

久しぶりに高山企画の『suaoki 120000mAh/400Wh PS5B』商品ページをチェックしていたら、画像にオートチャージ機能「有り」とありました。


↑ 画像クリックでYahoo!ショッピング 商品ページへ

オートチャージ機能が搭載されたのはうれしいですね。これでパススルー機能(充電しながら出力)があれば、無停電電源装置として使用することができるかもです。
ソーラーパネルを接続しておけば、自動で充電してくれるようになって、便利に使えそうです。

ただ、オートチャージ機能があるのに
”家庭コンセント充電する際に、正しい手順はACアダプタをバッテリー本体のアダプタポートに差してから、コンセントに差し込んでください。充電前、メインパワーボタンを2秒押して、本体を立ち上げてください。”
という注意書きが残されたままです。実際はオートチャージ機能がない可能性があるので、注意してください。
オートチャージ機能があれば、電源ボタンを押す必要はないはずです。

※いつから機能が搭載されたのかはわかりません。

4. もうひとつの充電方法

うちでは主に、↑コレ を使って充電しています。
(現在(2018-03-30)の『suaoki 120000mAh/400Wh PS5B』の商品ページでは公式にオススメされています)

ソーラーパネル充電器に付属のDCケーブルはそのままではポータブル電源と接続できませんでした。付属のDC変換プラグを使うと接続できます。画像左から5つめ。口が白いもの。

快晴の時のINPUT表示は30W前後、最大で42Wの表示もありました。
天気都合なので安定していませんが30Wで 400/30=13.33
満充電まで13時間20分。これだけの時間1日発電することはないでしょうね。

本体は直射日光は避けた方がいいみたいなので、普段は段ボールを被せています。

追記:2018-09-05 60W折りたたみソーラーでの充電について

高山企画さんのQ&A(2018-07-31)にて接続をオススメしないと記載されています。

suaoki ポータブル電源 PS5B 120000mAh/400Wh用のソーラパネルに
商品コード:156304201この商品の購入を検討しています。
どちらも対応可能でしょうか?
また外観、パネル効率以外に違い、特徴があればお教えください。

お世話になっております。
ご連絡どうもありがとうございました。
本製品と商品コード:156304201は外観、パネル効率以外にほぼ同じです。
ポータブル電源PS5Bのソーラー充電について、必ずsuaoki ソーラーパネル 50W/100W/150W (セミフレキシブルタイプ、ASIN:B07DW3MCGW / B07CTDTGSN)とご利用し、付属したソーラーケーブルでポータブル電源のソーラー充電ポートに接続して充電してください。
この二つ商品からポータブル電源PS5Bに充電できますが、お勧めではないです。
どうぞご確認のほどよろしくお願いいたします。

amazonの商品ページではB0744BY37Y(60W折りたたみソーラー)をオススメしています。

amazonのPS5Bの商品説明にある100Wの折りたたみソーラーとの接続では、DC⇒MC4変換ケーブルを使用、とありますのでPS5BのDC入力に問題があるのかも知れません。

充電時 注意事項

  1. suaoki 60wソーラーパネルと本製品の接続方法は、ソーラーパネルに付属したパソコン充電用ケーブルを使って、ポータブル電源のadapter charging port端子に接続すれば、充電できます。

  2. ソーラーパネルとACアダプター充電器を同時に利用して、充電してはいけません。

  3. 内蔵バッテリーを保護するため、製品は使用しない場合、3ヶ月に一回フル充電して保管してください。出典:amazon 過去 商品ページ

長く使うためにも、②、③の内容は守っていきたい所です。
①は注意事項でもなく、充電方法についての記述です。

suaoki PS5B 出力

どれくらいの時間 家電が使えるか計算

suaoki 120000mAh/400Wh PS5B』で家電を何時間使用できるか計算してみてください。

PS5Bの容量は「400Wh」になります。

※家電ワット数(W)はPS5Bの定格出力と同じ合計300W以下としてください

充電ができる回数を計算

iPhoneなどのスマホ、iPadなどのタブレット、DJIなどのドローンのバッテリーなど何回充電できるか試してみてください。

PS5Bの容量は「120000mAh」になります。

suaoki PS5B AC出力 2口

・正弦波
・AC 100V(110Vとの記載もあり)
・50Hz/60Hz 切替可能(2017年4月24日以降注文商品)
・最大300W

家庭で使っている電気製品用のコンセント(110V/60HZ)が2口ついています。合わせて300Wまで。
純正弦波(安心して家電製品が使えます)とのことです。

正弦波について詳しくは ⇒ こちらの記事へ正弦波について

ピーク出力電力:450W(楽天市場:関屋さん画像より)
ps5b 仕様

↓ AC出力についてチェックしたいことをまとめました。

AC出力の確認ポイント
  1. 波形は正弦波か ⇒ 記事でチェック波形を確認(正弦波)

    「正弦波」「修正正弦波」「疑似正弦波」について紹介
  2. 周波数は50Hz、60Hzのどちらか ⇒ 記事でチェック周波数を確認(50or60)
    「周波数」について紹介
  3. 電圧は100Vか ⇒ 記事でチェック電圧を確認(100V,110V)
    「110V、120V」で使用しても大丈夫?

追記:2018-08-08 最大出力

最大出力:600W

高山企画さんの商品ページを確認したら、最大出力の数値の上限が上がっていました。

※いつから変更されたのかはわかりません。

IHクッキングヒーターを試してみました

車中泊、キャンピングトレーラー泊用に『山善 IHクッキングヒーター』を購入しました。

動作確認について詳しくは ⇒ こちらの記事へsuaoki PS5BとIHクッキングヒーター

suaoki PS5B DC出力

DC12Vシガーライターソケット:1口
12V/120W

自動車で使用する製品に採用されているシガープラグを差し込めます。

追記:2018-12-10 DC出力にシガープラグ接続可能

付属(2016-11に購入)のシガープラグですが、出力にも接続できました。

シガープラグを車に接続すると、鍵がなくてもカーナビが動くかもしれません。
(車のバッテリーに影響があるかもしれません)

DC12V出力:2口
12V/3A

それぞれ3Aまで使用できるDC12Vポートの差し込み口が2口付いています。
内径6mm 芯1.8mm(素人採寸です)

suaoki 60W ソーラーパネル充電器に付属の口が白いものが差し込めました。
外形5.4mm 穴径2mm(素人採寸です)

suaoki PS5B USB出力 4口

・5V/3.5A(最大)

2口の合計が3.5AまでのUSBポートが2箇所あります。
USBポートは5Vで合計4口です。

DCポートの下に10Aと記載されています。

ジャンプスタート端子

suaoki 120000mAh/400Wh PS5B』にはジャンプスタート機能があります。
急なバッテリー上がりも自分で簡単に車を始動できます。

・12V/600A

付属のワニ口付きケーブルを使います。

いざという時のジャンプスタート端子はありがたいですね。ポータブル電源の残量が残っているかが問題ですが。

ジャンプスタート手順
↑ 旧商品ページにあったジャンプスタートの手順です。

suaoki PS5B 同梱品

suaoki 120000mAh/400Wh PS5B』の同梱品です。

・ ポータブル電源
・ 充電用ACアダプター
・ 車の充電ケーブル (カーチャージャー)
・ ソーラー充電ケーブル
・ ジャンプスタータークランプ
・ 取扱説明書

suaoki PS5B 販売店情報

suaoki 120000mAh/400Wh PS5B』の販売店です。

リコールでメイヤンパワー新エネルギー有限公司に問い合わせても返事がないという情報がありました。
連絡がない場合は購入した販売店に問い合わせしてみてください。
こちらが把握しているものを掲載します。

suaoki PS5B 購入はこちらから

オススメ ソーラーパネル

amazonの商品ページに記載のソーラーパネルです。

suaokiソーラーチャージャー 50W/60W/100W/150W(ASIN:B07C4WZNQT / B0744BY37Y / B07DW3MCGW / B07CTDTGSN)からの充電はお勧めです。付属のケーブルで直接接続できます。suaokiソーラーチャージャー 100W 折りたたみ式(ASIN:B0744B8NYD)と接続する場合、DC 5521→MC4ケーブルを別購入してください。
出典:amazon

PS5B 関連記事

お気に入りのポータブル電源のPS5Bどうだったでしょうか。
質問も受け付けています。コメント欄お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。

【豆知識】一覧

以上で本記事はおしまいです。

豆知識リンクも用意しましたので、チェックしてみて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

19 − 7 =

クリックできる目次
閉じる