住宅を建てると様々な税金が必要になります。
しっかりと申告して納めることが一番の節約になります。申告しないと過怠税、延滞税などや、特例が受けられなくなる等、余分に税金を支払うことになるかもしれません。
専門家や役場、税務署に事前に相談するのがオススメです。

印紙税:契約書に添付して税金を納めます。
登録免許税:登記をする際に課税される税金です。
不動産取得税:土地や建物の所有権を取得すると課税される地方税です。
固定資産税・都市計画税:家や土地などの不動産を所有していると、毎年納税する必要があります。
贈与税:資金を援助すると税金が掛かります。住宅の場合、非課税の特例があります。

 

印紙税

契約書などの書類に貼って納める印紙税(国税)印紙税が必要になる書類・不動産売買契約書 ・建物工事請負契約書 ・建築設計・監理業務委託契約書 ・金銭消費賃貸借用書(銀行等の金融機関か...

詳しくはこちら

登録免許税

家を新築・増築したときは表示登記が義務付けされています。土地、家屋を購入したり、贈与を受けた際は所有権移転のために、住宅ローンなどを利用する場合は、担保として抵当権を設定するため登...

詳しくはこちら

贈与税

援助には贈与税がかかります住宅資金を援助してもらった場合、贈与税が掛かってきます。1年間の基礎控除額は110万円になり、これを超えると贈与税が掛かってきます。 贈与税は贈与を受けた...

詳しくはこちら

不動産取得税

土地や建物の所有権を取得すると課税される地方税になります。 課税は1回限りになります。取得には無償の贈与による取得も含まれます。登記の有無、有償・無償など取得の理由は問われません。...

詳しくはこちら

固定資産税・都市計画税

家や土地などの不動産を所有していると、毎年納税する必要があります。固定資産税: 毎年1月1日時点での所有者に対して課税されます。 毎年春頃に市区町村から納税通知書が届き、期日までに...

詳しくはこちら

相続時精算課税 制度

 1 制度の概要相続時精算課税の制度とは、原則として60歳以上の両親または祖父母から、20歳以上の子または孫に対し、財産を贈与した場合において選択できる贈与税の制度です。...

詳しくはこちら
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で