スモールエッグの名義変更

再びスモールエッグをひっぱって岐阜運輸支局へやってきました。

希望ナンバーの申請だけで終わってしまった前回。名義変更の手続きについて聞いていたので今回は①窓口(登録相談コーナー)には行きません。

以前もらった「移転登録(名義変更)」(管轄変更、ナンバー変更を伴う場合)の案内用紙に従って手続きしていきます。

まずは隣の建物自動車会議所⑩窓口(印紙・用紙)で

 移転登録申請書(1号様式)(25円)
 手数料納付書 手数料印紙(500円)を貼ってもらう

を購入。

「移転登録(名義変更)」(管轄変更、ナンバー変更を伴う場合)の裏面には移転登録申請書(1号様式)の記入例があるので、それにならって記入します。鉛筆とボールペンで書く欄があるので注意です。

記入したら、他の申請に必要な書類を確認。

 自動車検査証
 譲渡証明書(旧所有者の実印を押印)
 印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)
  ・旧所有者(車検証の所有者の住所・氏名等が印鑑証明と相違する場合は、その変更の関連を証明する住民票又は登記事項証明書等が必要です)
  ・新所有者
 本人申請の場合 実印(印鑑証明の印)
 委任状(実印を押印)
 新所有者と新使用者が異なる場合は新使用者の住所を証する書面(住民票、登記事項証明書等)並びに新使用者の押印のある委任状
 車庫証明書(40日以内のもの)
10 自動車の持込み
11 希望番号予約済証

今回、は所有者、使用者が同じなので不要。11は必要書類に記載されていませんでしたが、必要。(希望ナンバーではない場合はわかりません)

書類を揃えて、⑤窓口(登録受付)に提出。
発券機の受付番号札を2枚取って、1枚を申請書に備え付けのクリップで留めて近くの受付の箱に投入、1枚を携帯。

自分の番号が呼ばれるのを待ちます。
結構時間がかかり、自分より後の番号が呼ばれだしました。まだかなと待っていると、受付の人が
「なかなか呼ばれない方は、こちらのボードを見てください」
と待っている人達に伝えています。
ボードを見ると、自分の名前がありました。

書類に不備があったみたいです。聞くと11希望番号予約済証が不足していました。
持っていたので、それを渡し、無事車検証の名義変更が完了。

新しい車検証自動車取得税・自動車税申告書(報告書)の用紙をもらいます。
この書類には旧車両番号(旧ナンバープレートの内容)を記入する欄があります。
書類を渡された時、旧所有者の情報持ってますか、と聞かれたので、持ってませんと言うと
旧車検証を見せてくれて、記入させてくれました。

自動車税事務所の⑱窓口(自動車税、自動車取得税申告書受付)に自動車取得税・自動車税申告書(報告書)を記入して提出。

スモールエッグ ナンバープレートはずし

スモールエッグのナンバーを外します。前のナンバーは19でした。
「一級建築士」に関連付けられてるみたいでこれもいいかな、と思いました。

取り外して、自動車会議所の⑮窓口(封印・廃板)でナンバープレートを返納します。機械にナンバープレートを置くと、表示を読み取ってくれてので、確認してボタンを押すと、機械がナンバープレートを取り込みます。

希望番号予約済証車検証を提出位して、ナンバーを受け取ります。

新しいナンバーは「663」です。

ひっくり返すと「Egg」に見えますよね^^
苦しいですが。。

封印所に行って、ナンバーのネジを封印してもらいます。
封印してもらうと、ナンバーをもらった時に預けた車検証が返してもらえます。

今回の持ち物
鉛筆、ボールペン(記入するところに置いてあります)
消しゴム
実印

名義変更に掛かった費用
525円

これで、スモールエッグの手続きが無事終了しました。

はじめてやった自動車の個人売買。普通の車ではなくキャンピングトレーラでしたが、手続きを自分でやって戸惑う部分もありましたが、いい経験ができました。

かかった料金のまとめ

  1. 車庫証明 2,700円
  2. けん引申請 50円
  3. 希望ナンバー 2,050円
  4. 名義変更 525円
  5. 印鑑証明 300円

  合計 5,625円

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です