MINI COOPERS ユーザー車検

MINI R56 ユーザー車検 走行距離

MINI COOPERS(R56)を購入してからもうすぐ9年が経とうとしています。

自分の好みでオプションを選択して、イギリスから船で渡ってきたMINI。

初めてハンドルを握った時、自分のMINIだと、とてもワクワクしました。

今も乗り込むと、相変わらずワクワク感が体を駆け巡ります。

まだまだ楽しく乗れるし、不具合も感じないので、4回目の車検を受けることにしました。

 

今まで車検はディーラーで受けてきました。

前回の車検の時の走行距離が31,951km。

2年経って、走行距離が36,480kmなので、前の車検から4,500kmくらいしか走っていない。

そんなに走ってなくても、ディーラーに車検をお願いすれば、結構なお金が飛んで行く。

博美さんからは、「そんなに乗らないなら、いらないんじゃないの」と言われて、寂しい。

確かに所有するだけで、お金が掛かる車。車がなければお金が残る。

ディーラーさんに車検の見積をお願いした時に、なんとなく査定をしてもらった。

出てきたMINIのお値段50万円。

ディーラーの担当さんからは、50万円と車検に掛かる費用に差額で新しいのどうですか?と言われるけど、「はぁ」の空返事しかでない。

そもそも新しいMINIいらないし、気に入ってるのは自分のMINI。手放す気はない。

 

車検どうしようかなと迷っていたら、神戸町の家のオーナーさんが、車検はみんなユーザー車検で通してるという。

最初はなんとなく聞いていただけだった。

事務所にこだわりの車で来る営業さん。聞くと、車検はユーザー車検だという。

改めてMINIもユーザー車検にすればお値打ちになるかなと、ユーザー車検に初挑戦。

 

ネットで「ユーザー車検」を検索。

必要書類を調べて、灯火類を博美さんに協力してもらってチェック。

国土交通省の自動車検査インターネット予約システムのアカウントを取って、検査を予約。

 

検査日当日。ホイールキャップをはずして、興味があるという博美さんを乗せて出発。

ネットでは予備検査もオススメされていたけど、あまり乗ってないので、前回の車検を受けた状態と変わってないだろうと予備検査はパス。

ドキドキしながら岐阜運輸支局に到着して、どこに行けばいいかわからないので、

建物の中に入っただけで、緊張。ユーザー車検の窓口があったので、そこでユーザー車検について聞くと、「受検方法」について書かれた用紙がもらえた。

戸惑いながら、証紙や自賠責を購入して、書類に記入。

 

検査の書類を受け取り、MINIに乗り込んで検査コースへ出発。

並んだのは3番コース。

自分の番になり、検査員に書類を渡す。

灯火類の検査。

検査員が「ウィンカー!」「フォグランプ!」など言っているみたいだけど、

しっかり聞こえない。焦る。よくわからない時は適当にライトつけたりした。

 

なんとか通過し、前に進む。

すると「ずれてるよー!」の声。なんのこと?と焦る。

床に黄色いラインからずれているとのことだった。

床のラインなんて全く気が付かなかった。

 

次に、メーターの検査。ラインに沿って進んで計測する機械にタイヤを載せる。

はじめての僕は要領が全くわかってない。てっきり誘導してもらえると思ったら、そうではない。

見渡しても鏡もないし、どうしたらいいんだ、とちょっと焦る。

顔を車から乗り出して、タイヤを見ればいいんだと気がついて、タイヤを機械に載せるのに成功。

 

40キロでたらスイッチを押してね、とスイッチを渡される。

今までの焦りで、緊張感たっぷり。

シフトレバーを1速に入れ、アクセルを踏み。クラッチを繋げる。

エンジンの回転があがり、緊張しながらメーターを見る。

 

スピードメーターの針は回転をはじめ、徐々に速度をあげ・・・

あげ・・・?

あげてくれない?

 

焦る。どうなったの?

アクセル踏んでも、回転数は上がるのにスピードメーターの針は「0」を指したままピクリとも動かない。

クラッチペダルからは足も離れているのにエンストもしてない。

タコメーターにはオレンジの警告灯が点灯。

はじめての状況に、ここに来て壊れたのか?と焦る。

検査員が「ダメダメー!」「前で測るやつじゃない!」「うしろ、うしろ」

他の検査員もやってきて、よくわからない状況に車の中で検査員の指示待ち。

 

検査員の言葉にMINIは後ろタイヤでスピードを測るんだ、と知らなかったと感心。

MINIはFF車なので、前輪駆動。駆動輪と違う方で測る場合があるんだなと思った。

 

検査員の指示に従い、後輪タイヤを機器の上に載せる。

フットブレーキとサイドブレーキの検査のあと、再びメーターのテスト。

 

スイッチを渡される。でもこのまま踏んだら、前輪が床に載っているので車は前に進んでしまう。

機械がタイヤを回すのかなと思ったら、動き出さない。

よくわからないけど、検査員が「アクセル踏んで」と言うのと同時。

他の検査員が「まえ、まえー」とやってきた。

「前で測るやつや」

そうだよねー、と再び前輪を機械に載せようとバックしようとすると、

「ダメ、ダメー」

もう何がなんだかわからない。

「後ろが詰めてるから、前行って」

後ろの車がギリギリのところまで詰めていたので、メーター検査は検査できず終了。

「もう1回並んで検査しなおしてね、今度は2番か4番のコースね」

ライトの光軸検査、排ガス検査、下回り検査をして、はじめての検査コースは終了。

 

再び検査コースに並び直す。今度は2番コース。

待ち時間。どうして、メーター検査できなかったか考える。

博美さんに聞くと、タイヤはまったく回ってなかったという。

 

メーター検査の時、最後に来た検査員が、トラクションがどうたらこうたら、と言っていた。

そういえば、MINIにトラクションがどうたらの機能があった気がする。

「DSC」ボタン。

ボタンを長押すると、タコメーターにオレンジの警告灯。

メーター検査の時にも、同じ警告灯が点灯して、なんのことかわからず焦ったけど。

メーター検査の時に機能していたことを表してたみたい。

ネットで検索すると、「DSC」が機能しているとダメらしいとわかった。

 

 

MINI R56 ユーザー車検 検査場

2番コースへ

再び、メーター検査。

「DSC」をオフにして、タイヤを機械の上に載せる。

3番コースは検査員が近くにいたけど、2番コースは無人。

前の電光掲示板の支持に従って、検査。

「40キロでパッシング」の表示。

緊張しながら、アクセルを踏み、クラッチを離す。

今度はタイヤが回転しているのが分かる。

速度を調整するのが難しい。

そんな中、40キロを過ぎた状態でパッシング。

電光掲示板には「40キロでパッシング」の表示のまま。

ダメだったのかなと、アクセルを調整して、もう一度パッシング。

それでも電光掲示板の表示は変わらない。

アクセルを離すと、機械の抵抗があるのかすぐに速度が下がるので、40キロで安定させるのが難しい。

40キロ安定させなければだめなのかと、微調整しながらなんとか維持しつつパッシング。

「40キロでパッシング」は変わらない。

これはどうしたらいいんだと、再びトライ。

「40キロでパッシング」は変わらない。

どうしたらいいんだと、前かがみになって前を覗くと、電光掲示板の上に青信号に「アクセルを緩める」の表示。

博美さんに聞くと、最初のパッシングでその表示だったらしい。なかなかやめない僕に、このテストがそんなに楽しいのかな、と思ったらしい。

MINIの窓は僕にとっては上への視界が狭いので、まったく気が付かなかった。

無事メーター検査も合格し、検査コース終了。

 

無事、新しい車検証をもらえました。

 

いろいろ知らないことばかりで焦ったユーザー車検だったけど、1回経験してれば次は大丈夫そう。

次はシエンタでユーザー車検行ってきます。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です