Tao その2 マレー半島ひとり旅

マレー半島 一人旅

2000,5,6 46日目 くもり  タイ タオ島

今日もアドヴァンスコースの続き。午前中にダイビング。1本目はマルチレベル。これは普通に潜ってるのとあまり変わりない。2本目は中性浮力。これを身につければ、オモリを軽くすることができ、水の中をより自由に動くことができるようになる。

P5060227
ダイビングの後で
左から
上段 マヤさん リュウちゃん 本人 マサトさん
下段 ヒコくん クミコさん

昼からは、ダイビングショップの前の海をシュノーケリングしようと、同じくダイビングに来てたリュウちゃんと一緒に出掛けた。フィン、マスク、シュノーケルを借りて海へ。すると、浅瀬がムチャクチャ長い。それに加え足場の悪いサンゴ礁ときている。泳いでもさんご礁に腹をすりそうなくらい。深いところにくるまでに二人ともヘトヘトになっていた。それに加え休憩できるような場所がない。ショップに戻ると3時間近く海に入りっぱなしだった。これから、ナイトダイビングがあるというのに、こんなに疲れててもいいもんかとちょっと思った。

P5110263
奥に見える岩まで浅瀬(長すぎ)

そして夜。いよいよ楽しみにしていたナイトダイビング。夜の海でのダイビング。水中ライトを持って潜ると、海は昼間とは違った表情を見せていた。光を当てたところしか見えない。いろいろな方向に光をあてて楽しんだ。ダイビングの終了が近づくと、みんなでライトを消した。そして手をばたつかせると、小さな緑色をした光が飛び散る。夜光虫だ。夜の海をより幻想的に彩ってくれる。ナイトダイブ サイコー!

船に戻ると、空には満天の星空が。みんなで持ち寄ったビールで乾杯をした。ビールも最高の味だった。

夕飯は今日も日本食だった。また、腹一杯食べ過ぎてしまった。おいしいのも困るね。

 

2000,5,7 47日目 はれ  タイ タオ島

アドヴァンスコースが昨日で終わってしまったんで、今日からどうしようか迷ったけど、結局、また次にステップアップすることにした。マスタースキューバーダイバー(MSD)ここまでいくと、次はプロにいくしかないらしい。

午前中の1本目はディープ。32mまで潜った。2本目はナビゲーション。前回やったのとは違い自然の地形を利用して進むのと、少し複雑な形を進むというのをやった。

昼からは、リュウちゃんとMTBでもかりて島を巡る約束をしてたんで、とりあえずMTBをどこで借りられるか聞いてみたけど、どこで借りられるかさっぱりわからない。港まで行かないと借りれないんではないかということを聞いたけど、港まではかなりの距離があったんでMTBは諦めることにした。バイクを貸してくれるところは近くにあったけど、傷をつけるとかなりの金額を請求されるということを聞いてたんで、坂道の多いタオ島はちょっと厳しいだろうと諦めた。このままでは、手段がないと思っていると、ルミさんが水上タクシーで島を巡ってきたらと、提案してくれた。他に日本人の女の子2人を加えて、水上タクシーを呼んだ。水上タクシーはショップの面する海辺に、ポツポツ停泊してる。大声で呼ぶけど反応なし、どうやら誰もいないらしい。とりあえず、砂浜を歩いてタイ人に声を掛けると水上タクシーの運転手のところに連れていってくれた。交渉すると今の時間から島を1周するのは難しいらしい。代わりに島の北側の海岸(ショップは南側)とナン・ユアン島に行くことを勧めてきた。何もしないよりましかなと思い行くことに決めた。シュノーケリングができるということだったんで、ショップに道具を取りに戻った。

小さな水上ボートは、水面に触れることもでき、途中で食べたショップのレストランで買ったホットドックもサイコー。到着したところは、島の北側の海岸マンゴーベイ。ここは山の麓にあって、陸地からは来ることができないキレイな海岸。砂浜にある岩の間には冷たい真水も流れ気持ちよかった。次にナン・ユアン島に行った。この島は3つの島からなっていて、潮がひいた時には島がつながるという所。行ったときは浅瀬になっていて仰向けに寝転んでも大丈夫なくらいだった。ナン・ユアン島の周りはダイビングポイントになっていて、シュノーケリングでも十分楽しめる海がある。みんなでのんびりシュノーケリングを楽しんだ。帰りは西海岸沿いにボートが走ったんで、沈む夕日が見れると期待したけど残念ながら、たくさんの雲に遮られ見ることはできなかった。

P5070237
キレイな海 サイコー!!

P5070256
リュウちゃん(右)と

今日の夕飯も日本食。久々に日本のルーを使ったカレーライス、またまた腹一杯食べてしまった。

 

2000,5,8 48日目 はれ  タイ タオ島

今日の1本目はまたまたディープ。なんと40mまで潜った。ビルにして、13階建てくらいか。思ったより恐怖心はなかった。よっぽどビルの上から地上を見たほうが怖い。2本目はナビゲーション。今回は潜ったポイントの地形図を書くというもの。とりあえず書いたけど、あってたかどうかは分からない。

昼からは、メディック ファースト エイド。これは地上における救命活動の練習。人工呼吸等の仕方を学んだ。

夜は、楽しみのナイトダイビング。ライトを消しながら後ろからついて行く様に言われ、ライトを消してついて行くと、自分の周りが闇に包まれ、前のほうで明かりがチラチラ。ホントに幻想的だった。

 

2000,5,9 49日目 はれ  タイ タオ島

今日は、2本ともフォトグラフィー。そう水中写真に挑戦。実はボクが来る少し前ジンベイザメが出てて、絶対に見たいと思いダイビングに行くんだけど、なかなか会えない。今回はカメラを持って出かけるだけにでてきて欲しい。だが、ジンベイはでてきてくれなかった。ジンベイには会えなかったけど、写真は楽しかった。ダイビングの楽しさが広がるね。

昼からは、MTBでも借りようと港に行くことにした。いつも荷台タクシーで行く道を歩くことにした。約30分かけて歩き港に到着。まず、食事をし、それから店なんかを見て周った。途中でランブ-タンという果物を買った。これはライチみたいな味でさっぱりしてておいしかった。それから、MTBを探すけどバイクのレンタル屋しか見つからない。なんとかみつけだし、MTBをみると普通の自転車のMTB風というものだった。これで坂をいくのは大変だと思い借りるのをやめた。

ショップに帰り、フィルムを現像に出しに行くと途中にMTBのレンタル屋が。こんな近くにあったとはと思ったけど、もう疲れてたんで借りなかった。

ひとり旅・格安航空券比較
格安国内ツアー  

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です