Pune インドひとり旅

インド中央に位置するプネー。かなり近代的な町になり、街並みもキレイ。
スマホの時代と違って、ダイヤルアップでホームページの更新にチャレンジ。たくさんのインド人に囲まれた思い出。

インド旅行記

インド旅行記 滞在地:プネー

2000,4,20 22(30)日目 晴れ  インド プネー

このインド最後になると思われるゴアに行くため、今日は中継地点となる町プネーを目指した。7時にバスは出発し、そこで久々に日本人2人に会った。彼らもゴアに行くらしい。ただボクは1日はプネーにいようと思ったんで、今日出発するという彼らとはバスを降りてから別れた。

オートリクシャーに案内してもらい、旅行会社へ。でも希望してた予約が取れずとりあえずホテルへ向かってもらった。そこは今までに泊まったホテルの値段からは想像もつかないような値段で、どうしようか迷ったけど、久々のクーラーと電話が使えるということなんで、町に出てなにもする予定がないから、インターネットでもやろうと泊まることにした。

インド プネー ガネーシャ
町にはいたるところにガネーシャが

とりあえず、明日には出発したいんで、ホテルの近くの旅行会社を回り、なんとか予約することができた。これで、今日の予定は終了。久々のクーラーでぐっすり寝れるだろうと楽しみ。

2000,4,21 23(31)日目 晴れ  インド プネー

インターネットをやろうと泊まったホテルの電話が、プネー市外には通話できないということで、結局ホテルではインターネットができなかった。それに、どうもプロバイダーの電話番号が変わってるような気がしたんで、近くのインターネットカフェへ行って、電話番号だけでも調べてみることにした。すると、やはり電話番号が新しくなっていた。英語しか使えないパソコンで、自分のHPを見ると、やっぱり読めない。メールも読めないし、掲示板も読めない。

プネーでは別にどこか行こうとか考えてなかったんで、試しに自分のパソコンを持って、インターネットカフェに行ってみた。自分のパソコンを電話線とつながせてくれと頼んだけど、どうもISDNを使っててパソコン同志がLANでつながっているらしく、LANにつなげるなら試していいとのこと。LANアダプターを持ってきてなかったんで、つながるわけはなく、LANではなくて、受付に置いてある電話につながせてくれと頼んだら、あっさり断られた。

一回くらいはHPを更新したかったんで、どうしようか迷い、町の公衆電話屋さん(インドでは公衆電話は有人)に行って頼んでみることにした。近くの電話屋に行き電話機とパソコンを交換して使いたいとお願いすると、最初はだめだの返事。今までは電話屋で頼んで、だめだと言われたらそのまま帰ってたけど、今回はパソコンを手元に持ってたんで、それを見せ一回だけ試させてくれと頼んだら、今度はいいよの返事。

まずは、プロバイダーにホントにつながるか電話機で掛けてみる。電話はつながり電子音が返ってきた。いよいよパソコンを取り出し接続。なかなか電話がかからず困って、何が原因か探っていると、どうやら”発信音を確認してからダイヤル”のところにチェックしてあるのがだめだったらしい。チェックをはずすとダイヤルしてくれた。インドでは発信音が違うんで、それを発信音と認識してくれなかったのが原因だったらしい。

とりあえず、久々にHPを更新。ただ通信速度が33.6Kbpsのところに接続してるはずなのに無茶苦茶遅い。感覚としては1Kbps以下なんではないかと思われる。最初の予定では3分くらいで全部送信できる予定だったのに、30分経ってもまだ半分も送れてない。考えるにプロバイダーが混みすぎてるのか、小さすぎてすぐに遅くなってしまうのか、とにかくまいった。さらに途中で勝手に切断され、最後には電話がつながらなくなり、ただでさえ市外通話で高い料金だったのに、さらに遠い都市へかけることに。すると倍以上の速さで電話料金は加算されていく。もちろん通信速度はさっきのまま。予想以上の高い料金になり、このままではお金がなくなると途中でやめた。

ホテルに戻りチェックアウトの準備。今日はいよいよゴアに向けて出発。チェックアウトが14:30で出発が18時。時間がありすぎたんで、インターネットカフェに行ってHPが更新出来てるか確認。日本語は使えないけど、とりあえず確認はできた。

時間がかなりあったけど、予約してある旅行会社へ。そこで待たせてもらうことにした。バスが18:30に迎えに来ていよいよ出発。今回のバスは寝台バスで、インド人の男の人と同席(?)だった。幅130cmくらいのところに男二人が横になって寝ることになる。それも、知らないインド人と。同席したインド人は、ベナレスからゴアに保養に行くというヤダッド君。ベナレスからゴアまですべてバスで移動するという強者だ。プネーまですでに50時間近くバスに乗っているという。あまり話さないヤダッド君の隣で、明日の朝にはゴアだと眠りについた。

ひとり旅・格安航空券比較
格安国内ツアー  

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です