jaipul 前編 インド一人旅 

 

インド旅行記

インド旅行記 滞在地:ジャイプル

2000,4,9 11(19)日目 晴れ  インド ジャイプル

アーグラーから行動を一緒にしている水谷君とバスに乗り、アンベール城をめざした。バスは満員でとても疲れた。

停留場から歩き、山の中腹にあるアンベール城に到着。途中には露店みたいなものがあり、そこで体重計を発見(駅なんかにもよくある)。ひさびさに計ってみると、出発前より5kgほど落ちていた。このままいくといい感じでダイエットできるとよろこんだ。

今日は日曜日だからなのかすごい人、中に入るとなにやら行列が、靴を脱げと言われたけど、履いている人もいたんでそのまま履いてた。その行列は後からわかったけどどうやら、カーリー寺院でなんかやってて、そこにはいる順番待ちをしてたらしい。

今日も、すごく暑い、空には雲はなく太陽は途切れない。元気に歩く水谷君をうらやましく思い、がんばって建物を見てまわった。

インド ジャイプル アンベール城
今の住人はお猿さん

アンベール城を一通り見てまわり次にジャイガ-ル要塞へ向かった。ガイドブックによるとジャイガール要塞まで、歩いて20分の登り道とある。でも、自分達が歩いてる道はどう見てもくだっていた。近くにいた人達に聞くと、やっぱり間違えてたらしい。もと来た道と違う近道を教えてもらい、アンベールに戻り、無事ジャイガール要塞にたどり着いた。

インド ジャイプル ジャイガール要塞からアンベール城
ジャイガールからアンベールを望む

ここまでで、かなりバテてたんで(いまいち体の調子が悪い)、途中で水谷君と別れ休んでいた。帰りももと来た道を歩いて帰り、ほとほと疲れた。今日はゆっくり眠れそう。 

2000,4,10 12(20)日目 晴れ  インド ジャイプル

朝の外のざわめきで目を覚ます。どうやら近くに学校があるらしい。時計を見ると7:30なんと早い登校時間なんだと思い、うるささで起きれそうもないんで外出の準備をしていると、ノックの音が、水谷君だった。顔を見るとなんかすごくだるそう。聞くと実は昨日からあまり調子がよくなかったらしい。昨日の夜食事をしてから気分が悪くなり、かなり調子が悪いらしかった。とりあえず、喉が乾いたと言うんで、近くの店を探そうとしたけど、みんな閉まっててどこでも買えそうにない。しょうがないんで、ホテルに戻りレストランでとることにし、水谷君はジュースを飲み、ボクはホットサンドイッチを食べた。

調子が悪い水谷君をホテルに残し、今日は一人で見学に出かけた。まずは 風の宮殿 これは以前テレビで見たことがあり、一度見てみたいなと思ってたんで楽しみにしていった。テレビで見たときはかなりきれい(汚れていない)に見えたけど、実際は違っていた。ゆっくり見て周り、現地の少年達と言葉を交わしつつ風の宮殿をあとにした。

インド ジャイプル 風の宮殿
風の宮殿

インド ジャイプル 風の宮殿 窓からの眺め
窓からの眺め

次に向かったのが、宮殿(マハーラージャが今も住んでるらしい)。豪華な品々(?)をゆっくり見てまわった。途中、この宮殿の中のみやげ物(アクセサリー関係)屋で見学してると、店主が声を掛けてきて、5ヶ月間自分は日本語を勉強している。10分くらい私と話をしてください。と言われ、まあ急いでもなかったんで、話し相手になることにした。店主の名前はスニルさん、日本語のテキストを見してもらうと、本に念気のはいりようが現れていた。スニルさんに 地球の歩き方 に自分の店を載せてくださいと頼まれたけど、どうしたらいいかわからないんで、とりあえずスニルさんの店のHP www.alankriti.com をここで紹介。輸出もしてるそうなんでよろしくとのこと。スニルさんと話しも終わり宮殿見学も終わって、ホテルに戻ることにした。

ホテルに戻り水谷君の部屋を見ると、カギがかかっておりまだ休んでいるらしい。相当悪いみたいだ。自分の部屋に戻り、一休み。

インド ジャイプルの町並み
ジャイプルの町並み

お腹がすいてきたんで、外に出ようとすると水谷君も出掛けるところで、具合を聞くと全然だめらしい。とりあえず、一緒に薬局にいき、別れてバナナを買ってきてあげた。また、休むと言う水谷君をホテルに残し、ジャイプルに来て1日目に行ったヒンドゥー語のメニューしかないレストランに行った。ここは、1日目に来てさっぱりわからなくて、15ルピーと言われたものを注文したらおいしかったんで、また食べたいなって思って来てしまった。食べ終わり、隣にフルーツジュース屋があったんでミックスフルーツジュースを注文すると無茶苦茶おいしかった。これはホントにオススメ。今まで飲んだジュースの中でも一番と思えるものだった。

 

スポンサーリンク

 

ジャイプル ギャラリー

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です