bangkok再び マレー半島ひとり旅 

 

マレー半島 一人旅

2000,4,30 40日目 晴れ  タイ バンコク

なんか久々の町で安心したのか、起きたらもう昼近くになっていた。とりあえず、次の目的、ダイビングのため、タオ島に行く手配をしに行った。日本人の経営する旅行会社に行くと、タオ島のダイビングショップの支店(?)が近くにあると教えてくれ、そこに行くことにした。

最初はファンダイビングをしようと思っていたけど、説明を聞くとライセンスがかなり安く取得でき、その上講習期間は宿代がタダとのこと、なら今持ってるライセンスをワンランクアップさせようと講習を申し込んだ。次の日(5/21)の夜8:00発の夜行バスとスピードボートのチケットをもらいホテルに戻った。

ホテルに戻り、インド旅行記のゴアの辺りを更新し、UPしようとしたけど、どうもうまく回線に接続できない。旅行中にどうやらアクセスポイントが変更したみたいだったんで諦めることにしてみた。ホテルに戻ったときに時計を見ると14:00を過ぎてたんで、HPを更新して1日過ごそうと思ったんだけど、もういちど時計を見ると、時計が日本時間になっていることに気がついた。朝からどうやら時間を間違えていたらしい。HPを更新しても、まだ、14:00を過ぎていなかった。

とりあえず、どこか行こうと思い、交番でもらった地図を見ていると回転寿司の広告が目に付き、久々に寿司を食べたくなり出発することにした。バスの番号を調べ、早速出発した。寿司屋の近くとおもわれるところにつくと、そこには日本の看板がすごく目立ち、寿司屋、居酒屋、ラーメン屋、、、とにかくここは日本なのかと思えるほどの感じだった。とりあえず、目的の回転寿司屋を探すけどみつからない。寿司屋の名前は「KOZOSUSHI」日本にも「小僧寿司」ってあるけどタイでは「KOZO」が「子象」になってる。すぐに見つかると思ったのにこんなに見つからないとは。。。

とにかく探し回っていると、タイ人が結構声を掛けてくる。「なにっ?」て聞くとみんな小さなチラシを見せてきて、「オンナ イルカ」と聞いてくる、そして必ず「オンナ ヤスイ キレイ カワイイ」と言ってくる。なんなんだここはと思い、とりあえず寿司屋を探した。(ホテルに戻り日本のガイドブックを調べると、そこは有名なパッポン通りだということが分かった)寿司屋が見つからないんで、荷物も増えたんでスーツケースを買うことにした。辺りには結構カバン屋があったんで、すぐに見つかった。でも、よく考えると寿司屋に持ってはいるのもなんだなと思い買うのはやめた。とりあえず、最初の言い値の4分の1に値切れることを確認し店を出た。

それから、みやげ物の屋台なんかをみてまわり、探し始めた最初の地点に戻った。すると、近くに大きな百貨店らしき建物が、テナントを見るとそこにはKOZOSUSHIの名があった。やっと見つかったと、中に入ると店は昼休憩中だった。朝からまだ何も食べてなかったんで、これはショックだった。店内にはカウンターのイスでタイ人が気持ちよさそうに寝ている。本当に休憩してた。日本だったら、しこみか清掃してると思うけどタイでは本当に休憩なんだと思い、次の開店時間の17:00まで1時間待つかどうか考えた。とりあえず、腹が減りすぎてたんでラーメンでも食べようと、日本語で「ねぎラーメン」と書かれたラーメン屋に入った。すると「イラシャイマセー」と外人訛りの掛け声が、店内は日本語でしか書かれていないメニュー、日本の雑誌、新聞、最初から出てくる水、、、もう、日本だった。うれしくなり、結構注文してしまった。食べ終わると満腹で、もう寿司は食べれなくなっていた。寿司をあきらめスーツケースを買いに行った。スーツケースを買ってしまったんで、もううろつくのもなんだと思いカオサンのホテルに戻った。

 

2000,5,1 41日目 晴れ  タイ バンコク

ホテルのチェックアウト12:00まで、HPの更新をしようとインターネットカフェでアクセスポイントを調べてきて、アクセスするけどどうもうまくいかない。12:00近くになり、DNSアドレスのチェックをしてないことに気がついた。とりあえず今回は諦めチェックアウトをし、荷物をダイビングショップに預け、出発時間の20:00まで時間をつぶすことにした。

タイに来てから気になってた、1BOXやRV車に貼ってあるステッカーを買いに行くことにした。カンチャナブリーのトレッキングツアーの1BOXにも貼ってあったんでその時どこで買ったのか聞くと、カーアクセサリー屋にあるとのことだったんで、とにかくカーアクセサリー屋を探すことにした。昨日スーツケースを買ってホテルに帰る途中、タクシーから外を見てると改造車等が目に入り、近くにカーアクセサリー屋らしきものもあったんでとにかくそこを目指すことにした。バスでだいたいの場所まで行き歩いて探すことにした。

バスで思ってたより違うとこについてしまい、かなり歩いたけどなんとか昨日見た場所に着くことができた。がっ、ほとんどの店が休み。(バンコクは同系列の店が同じ地区に集中して建ち並ぶ)1、2件開いてるところがあったんで聞くと取り扱ってないらしい。(後で分かったけど、5/1はメーデーだった。)とにかく周辺をさまようと、ちらほら開いてる店が多くなっていった。人の数も多くなり、怪しげな店(露店)が多くなる。どうやら、チャイナタウンまで来てしまったらしい。その中に結構大きなカーアクセサリー屋を発見。聞くとステッカーがあった。気に入ったのを3種類買い大満足。近くで食事を済ませ、ダイビングショップに戻った。

まだ時間がかなりあり、どうしようか迷いショップの人と話をしてると電話回線を使わせてくれるとのこと、HPをアップできると、インターネットカフェに行きDNSアドレスを調べアクセスしてみると、やっとアップすることができた。

ショップで知り合った人と一緒に夕飯を食べに行き、戻ると時間になっていた。ミニバスに乗り込みいよいよタオ島に出発。

ひとり旅・格安航空券比較
格安国内ツアー  

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です