Bangkok マレー半島、インド一人旅

はじめてのひとり旅。緊張と不安でいっぱいだったのを覚えています。ここに書かれた文章は16年前の自分が書いたもの。
旅の目標は無事に帰ることでした。
現地の人の誘いもありましたが、事件に巻き込まれても嫌なので、次の日に会う約束をした場合は、早朝に宿を出発したりしてました。
日本から持って行ったのは、モンベルの25Lザックに必要な物を最小限。着替えの服やタオル、サンダルも現地で調達しました。

マレー半島 一人旅

タイ 旅行記 滞在地:バンコク

2000,3,22 1日目 晴れ 37度(?)  タイ バンコク  カオサン・ロード

名古屋空港に8:30集合
飛行機は10:30に日本を出発。
席は2人分の席をひとりじめ ゆうゆうと飛行機の旅が出来た。特にJALとの共同便(飛行機はJAL)だったおかげでおいしい食事と日本語の応対でらくちん ただ、映画はおもしろくなかった。

名古屋空港見事な逆光(搭乗前)

タイのドン・ムアン空港に着いたのが14:30(日本時間16:30)で 出国手続きがなんか遅くて手続きが終わったのが15:15 それからとりあえず両替をしようとして空港の両替所にいたら 一人の日本人が声をかけてきていっしょにタクシーに乗ろうと言う。聞くとカオサンまでいくってことなんで行き先も一緒。タクシーを捕まえようとしてると、今度は外人ふたりが声をかけてきて、これまたカオサンまで一緒にいかないかってことなんで もちろんOK。タクシーと交渉してたのが、最初ふたりで300バーツ、それから4人で400バーツ、まあ、ちょっとは得したかな? 

今夜の宿は、空港で知り合った人お勧めの宿(シャワー トイレ テレビ エアコン付)1泊350バーツ 最初考えてたのとは 全然ちがって いいところにしてしまった。(カオサンの中ではそうらしい)
宿に着いてから とりあえず 草履(ビーチサンダル)とお出かけ用バックの調達。それから次の目的地、インドのチケットの手配に。カオサンの日本人相手の旅行会社を教えてもらって、そこへ行って手配。出発日が決定 3月30日。これにて、今日の行動終了。
最後は夕食、とりあえずカオサンロードをぶらついてみる。ほんと、外人ばっかり(タイ人以外)なのはびっくり、これだけ海外旅行者ばかりが集まるところもなかなかないと思う。それもツアー以外の人が。
 
夕食はカオサンから少し外れた、車、人通りも少ないところで食べることに、日本語のメニューがおいてあって分かりやすい。せっかくタイにきたんで、日本で苦手だったけど現地ではと、トムヤンクンに挑戦。結果は、日本で食べたのと一緒の味がした。やっぱり苦手。

そして 大事件が発生!!!!

おいしくごはん(トムヤンクン以外)を食べ終わり、お金を払おうとカバンをあけると。
なんと、カバンの中が水浸し、帰国便の搭乗券はベチョベチョ、ゆっくりはがしてもインクが消えちゃってるところあり、今度、再発行してもらわないと。まあ、これはいいとして、最悪なのが、水がデジカメに、スイッチを押しても反応なし、 ヤバイ 、 うぎゃーーー!!
分解して水を取りたくてもドライバーがないし、宿の人に聞いてもやっぱりない。宿の人に教えてもらって、カメラ屋に行ったけどドライバーの歯がこぼれてて回らない。後は辺りの店を見て回っても、在りそうなところはない。
とりあえず、そのまま乾かして明日動くことを祈ることに。。。
                             どうか 動きますように。。。

 

2000,3,23 2日目 晴れ 暑い  タイ バンコク  カオサンロード チャイナタウン

おはよーー  と 気持ちよく目覚めたかったけど上の部屋がうるさくて起こされてしまった

とりあえず、昨日の「大問題」デジカメが動くかどうか試すことに、そしたら、やったーーー!!動きました。液晶部分がちょっと表示がおかしいけど、とりあえず動作OK!これでただの荷物になることをまぬがれた。ホッとしたところで、とりあえず、朝食に出掛けることに。あんまり食べようと思ってなかったんで、シェイクを飲みに行くことにした。朝から冷たいものはどうかと思ったけど、まあ、よしとした。

それから、Tシャツを買って(1枚しかもってってなかった)宿に戻って、部屋を変えてもらおうと頼んだら、12:00までまってくれといわれたんで、まあ予定もなかったんで、これからの予定をたてつつ待つことにした。けど、でてく人がいなくて結局そのままの部屋となった。

12:00も過ぎてしまったんで、近くの見物に行くことにし、ふらふら歩いて、疲れたんで、どこかで休もうと思っていると、寺院があったんでそこで休むことにした。

すると、一人のタイ人が声をかけてきた。タイ人の言うことには、

自分はチェンマイから来て、バンコクでスーツを仕立てにきた。これから、シンガポールに宝石を売りに行く途中なんだ。タイからシンガポールに宝石を持っていくと、2倍の値段で買ってくれる。売ってからは、日本の東京に行って、それから、茨城に行く。

あと、こっちの仕事の話と、トゥクトゥクには乗るなとか、タイにきたならカンチャナブリーに行けば、タイを知ることができると、アドバイスもしてくれた。それから、5:00にまた会って夕食をしようってことで別れた。別れるとき、近くの国立博物館を教えてもらって、そこへ向かうことに。 タイの人と一緒に写真を撮ったのに間違えて消してしまった。

向かう途中、一人の日本人とすれ違って、そのとき、いい笑顔であいさつしてくれたんで、話し掛けると、かなりいろいろ旅をしている人らしく、話を聞かせてくれるって事だったんで、近くのオープンカフェ(?)で、話をすることに。この人は「田中さん」といって、本当にこれからの旅のために役立つことを教えてくれた。その後、二人で田中さんの宿泊地のチャイナタウンにいって、田中さんは休むというんで(旅行中にちょっと腰を痛めたらしい)、一人でチャイナタウンをグルグルした。

タイ バンコク チャイナタウンチャイナタウン一歩路地へ入ればごちゃごちゃ

それから、タイ人との約束(田中さんいわく80%怪しい)は無視して、明日日本へ帰国するというんで、田中さんと夕飯を食べに行った。結構豪勢(旅行終了祝い&旅行開始 祝い)に食べてかなり満腹(お金もかかった)になった。でも、本当にこの食事はおいしかった。その食事中、日本の女子大生が隣に来て、話すとタオ島でダイビングをしてきてすごくよかったという。ボクもダイビングをしたいと思ってたんで、ダイビングはタオ島ですることに決めた。

タイ バンコク チャイナタウン屋台でチャイナタウンの屋台での晩餐 田中さん(左)と

田中さんと別れて、バスで宿泊してるカオサン・ロードまで戻った。最後に、シンガポールからきたという人に一緒に飲もうと誘われたけど断った。これで2日目も無事終了。

2000,3,24 3日目 薄曇り(朝 大雨)  タイ バンコク  カオサンロード チャイナタウン

今日は朝から郵便局に行こうと思ったけど、途中大雨であまやどり、場所もよくわからずタイ人に聞いたら、近くまで連れてってくれ指差して教えてくれた。

タイ スコール 道路冠水大雨で道路も水浸し

その後時計を見たら、14:00を過ぎてたんで、どうしようかな--っておもって、宿でごろごろして、パソコンでもはじめようと、もう一度時計を見たら、時間が日本時間だった。現地時間でまだ、12:00だったんで、お寺めぐりをすることにした。

最初は、ワット・プラケオ。すごく、ピカピカ。警察(警備員?)いっぱい。まあ、よかった。ただ、ツアーで来てる中国人に写真を撮ってくれと頼んだら、2回断られ、撮ってくれたのは楽しそうに記念撮影してた新婚ぽいカップルだけだった。もう、中国人には頼まない。

バンコク ワット・プラケオピカピカ みんなツアー

次は、ワット・ポー。でかかった。仏像。

バンコク ワット・ポー 仏像 ここが一番細かい 口頭部

以上で、寺めぐり終了。たった2つだけど、まあ、いいでしょう。
帰りは水上ボートで。

ひとり旅・格安航空券比較
格安国内ツアー

バンコク ギャラリー

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です