スペイン旅行記 Valencia 花火に驚き

2000年3月11日(4日目) Valencia

昼間アルハンブラ宮殿を見学して、夜に到着したのはバレンシア。翌日はバルセロナへ向かうため、宿泊するためによった街。のはずだったけど、ツアーバスの車窓から見ると、街の中には奇妙なオブジェが。ホテルのフロントに聞くと、花火もあがるらしい。こんなタイミングはないと、タクシーに乗って会場へ出発。
日本では、川や湖、海など安全が確保された人から少し離れた場所で上がるのが普通だけど、ここの花火は違った。ビル越しに見える花火。打ち上がった花火を包んでいたプラスチックの欠片が空からたくさん降ってくる。体にはたくさんの灰。タクシーでホテルに帰って、灰臭くなった体をシャワーで流した。
ツアーに参加した他の人達は誰も見にいかなかったみたい。もったいないなぁ。

 

スポンサーリンク

 

火祭り (バレンシア)
ファジェス(バレンシア語:Falles, 発音 [ˈfaʎes])またはファジャス(スペイン語: Fallas)は、スペイン・バレンシア州・バレンシアにおいて、守護聖人サン・ジョゼップ(スペイン語ではサン・ホセ)の祝日3月19日を祝うために3月15日から19日(5日間)に開催される伝統ある祝祭である。
日本ではバレンシアの火祭り、サン・ホセの火祭りなどと紹介される。セビリアの春祭り(4月)、パンプローナのサン・フェルミン祭(7月)とともに、スペインの3大祭りのひとつとされている。(Wikipediaより)

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です