スペイン旅行記 Madrid

以前niftyで個人のホームページを作っていました。
旅行記などを上げて楽しんでいました。一度退会して、そのホームページがなくなって寂しい思いもあったので、改めて載せたいと思います。

博美さんと一緒に、JTBのツアーに参加して忙しく各都市をまわりました。

2000年3月8日(1日目) Madorid

フランクフルト空港でトランジット フランクフルト空港の小便器

ドイツのフランクフルト空港でトランジット、便器の高さに戸惑いました

スペイン マドリード プラド美術館 スペイン マドリード プラド美術館 P3080004 スペイン マドリード プラド美術館 キリストの磔刑 P3080008 スペイン マドリード プラド美術館 から通りを眺める

マドリードプラド美術館で美術館賞 画家ベラスケスの「キリストの磔刑」

スペイン チンチョン マヨール広場 闘牛場 スペイン チンチョン  スペイン チンチョン  スペイン チンチョン 町並み スペイン チンチョン 石畳 スペイン チンチョン カフェの洗面

すり鉢状に建物が並ぶチンチョン。中心に闘牛場の会場にもなるマヨール広場
昔ながらの建物が立ち並び落ち着く

スペイン マドリード 地下鉄 スペイン マドリード 大型ショッピングセンター スペイン マドリード 大型ショッピングセンター 量り売り

ツアーが終わって、ホテルでのんびりするのももったいなかったので、外出。博美さんがバレエを観たいというので、ホテルの受付で見られるところを聞いてみた。劇場に問い合わせしてもよくわからないのでダメ元で劇場へ。添乗員さんが地下鉄は危険とアピールしていたのにもかかわらず、地下鉄で行くことにする。
地下鉄は人はまばらだけど、大声で歌う人。椅子が空いているのに床に座り込む人。近寄ってきて施しを受けようとする人。かなり異質な空間で怖かった。
劇場に着き、窓口で問い合わせると本日は公演の予定なし。残念な気持ちで途中にあった大型スーパーでお買い物。量り売りが楽しい。
再び地下鉄に乗り、ホテルへ。

バレエは観られなかったけど、ツアーから離れての経験は面白かった。

スポンサーリンク

 

以下、当時ホームページに載せていた記録。

スペインツアー

スペイン旅行記 フラメンコ

2000,3,7 1日目 晴れ(雲の上) マドリッド

 名古屋空港に8:40集合 今回は旅行会社のツアーなんで何もかもお任せ何も心配することなくとにかく集合時間に間に合えば良し。
 ドイツのフランクフルトで乗り換えてスペイン入り
 ドイツについたのが現地時間の15:00(日本時間23:00)くらい 飛行機の中で酒を飲まなかったせいか 眠らなくて映画も2本観ちゃった。
 スペインのマドリードに着いたのが19:00(日本時間3:00)ホテルにつくととにかく眠い 疲れた。 明日のためにゆっくり休もう。。。。

 

2000.3.8 2日目 晴れ マドリッド 

 ホテルに着いたのが夜だったんで、とにかくよく寝れた。ただ、パートナーはこちらのいびきがうるさく寝不足みたい。(ごめんなさい)
 朝食はコンチネンタル(ヨーロッパの朝食)ってことでパンとデザートと飲み物だけ、旅行に行ったら、どこもバイキング形式で腹いっぱい食べれると思ってたんで、ちょっと残念。

 本日は、先ずプラド美術館から、ここにはゴヤの絵画なんかがあって宗教的な絵がたくさん。日本人もたくさん。

それから、観光名所で写真を撮りつつ、昼食へ、昼食はスペインの古い町並みが残るチンチョンへ、朝食とは全然ちがってコースになってておなかいっぱい。ワインも飲んでご機嫌良し、食後は近くのBAR(バル)でコーヒーを飲んだ。 んーーー満足。   ってしてたらみんなもうバスに戻ってて急いでもどった。(ちょっと酔いが)

 本日の観光は以上で終了。後は自由行動なんで、バレエを見に行くことにしてみた。添乗員さんがホテルのフロントに聞いてくれて、町のイベントがのったパンフレットをもらってくれた。それによれば今日やってるとこがあるみたい。先ずは電話で問い合わせてみることに、すると、今日はやってないよの返事。こっちの英語力がわるかったせいか、うまく伝わらなかったのかもしれないってことで、いったん切った電話をもう一度かけると、今度は出てくれない、どうやらシエスタ(昼休み)に入ってしまったらしい。
 とにかく、パンフレットには今日の公演はあるみたいだから行ってみることに。フロントに地図を見せてその劇場の場所を聞くと、地図からはみ出たとこを指差してここらへんという。まあ大体の場所はわかったけど、さっぱりどう行ったらいいのかわからないと思ってると、さっきもらったパンフレットを見せて、文字の部分を指差す、そこには「METRO」のもじが、どうやら地下鉄の駅名らしい、添乗員さんからは地下鉄は危ないって言われてたんでまよったけど、まあいいかってことで地下鉄に乗ることにしてみた。
 近くの駅をホテルでもらったマップを参考に目指す。駅に到着し地下鉄に乗りこむと、スペイン人の中にいる自分たちが、すごく外人なんだと思えた。特に添乗員に危ないといわれてたんで余計警戒心が強くなり、スペイン人の視線が怖い気がする。中には空き缶を持ってひとりひとり目を見て周り物乞いをする人。歌を歌う人。とにかく、日本の地下鉄とは違う雰囲気が満載だった。
 地下鉄を降り目指す劇場へ。でも、駅から出るとどっちへ行ったらいいかさっぱり分からない。近くにいたおばちゃん三人組に聞くことにした。すると、スペイン語でまくしたてられさっぱり何を言ってるか分からない。なんとか方向だけは理解できたんでそっちへいってみることに。歩くとかなりの距離があった。途中なんども人に聞き、なんとか目指す劇場にたどり着くことができた。劇場の様子はこれから公演があるとはおもえない感じ。受付に聞いてみると、やっぱり今日は何もないとのこと。電話の時なんとか会話になってたんだと分かった反面、がっかり。
 劇場をあとにし、途中にあったでかいスーパーマーケットに行くことにした。店内はムチャクチャでかく、野菜なんかはみんな量り売り。果物なんかをてきとーにかってそのまま食べたり、楽しかった。夕飯も店内ですませ、また地下鉄にのりホテルに戻った。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です