スペイン旅行記 Coldva

写真ばかりで旅行記ではなくなってますが、思い出に写真載せます。

2000年3月10日(3日目) Coldva

コルドバのユダヤ人街 

コルドバ歴史地区(コルドバれきしちく)は後ウマイヤ朝の都であったコルドバにある世界遺産(文化遺産)地域。メスキータやローマ橋などの建造物とユダヤ人街が登録されている。 後ウマイヤ朝時代、メスキータはモスクとして建てられ、市の中心であった。その後レコンキスタによりキリスト勢力が失地を回復すると、メスキータの一部は壊され、キリスト教会に改築された。メスキータの窓などはイスラム装飾が残っている。 ユダヤ人街の花の小径は有名。(Wikipediaより)

コルドバのメスキータ(聖マリア大聖堂)

メスキータ (mezquita) とは、スペイン語でモスクという意味で、アラビア語 مسجد (“Masjid”) に由来する。しかし、一般的には固有名詞として、スペインアンダルシア州コルドバにあるカトリック教会の司教座聖堂「コルドバの聖マリア大聖堂 (スペイン語: Catedral de Santa María de Córdoba)」を指す場合が多い。本項は、この聖マリア大聖堂について解説する。 メスキータ (Mezquita) は「モスク」(ひざまずく場所)、ムスリム(回教徒)の礼拝堂の意味で、スペインに現存する唯一の大モスクである。アブドールラフマン1世は、グワダルキビール川の流れが変わるコルドバの小高い丘にメスキータの建設を始める。ここは紀元2世紀、戦勝祈願を行ったローマ神殿があったという伝説があり、西ゴート王国時代には聖ヴィアンテ教会があった神聖な場所であった。(Wikipediaより)

ツアーバスの車窓から

なんでもない眺めですが、街なかは電柱はないけど、郊外には送電線の鉄塔がありました。

海外旅行|海外ツアー|JTB
海外航空券・格安航空券

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です