スペイン旅行記 Barselona ガウディ建築 夜

2000年3月12日(5日目) Barselona 夜

今日でバルセロナのツアーも終了。スペインツアーの終了を意味する。明日は飛行機で帰国の途へ。

バスを降りて、ホテルでチェックインを済ませ、夕飯も自由だったので、急いで外出の準備。行き先はもちろん。カサ・ミラ、カサ・バトリョ。

カサ・ミラ

カサ・ミラ(Casa Milà)は、バルセロナのグラシア通り (Passeig de Gràcia) にある建築物である。ガウディが54歳の時に設計した。1906年から1910年にかけて実業家のペレ・ミラとその妻ルゼー・セギモンの邸宅として建設された。1984年にユネスコの世界遺産に登録された。(Wikipediaより)

バスから眺めたカサ・ミラ。今も現役のアパートとして使われている。最上階と屋上の見学ができ、大満足。

カサ・バトリョ

カサ・バトリョ(カタルーニャ語:Casa Batlló IPA:[ˈkazə βəʎˈʎo] カザ・バッリョーあるいはカザ・バッジョー)は、スペイン、バルセロナにあるアントニ・ガウディが手がけた建築物の1つ。2005年にユネスコの世界遺産に登録された。 カサ・バトリョとはスペイン語(カスティーリャ語)発音による[要出典]もので、カタルーニャ語ではカザ・バッリョーと発音する。バッリョー邸。(Wikipediaより)

残念ながら内部は見学できなかった。外観を間近に見れただけでもうれしかった。

ガウディ建築を見学できて、とても満足の最終日。スペイン最後の夕食を食べようとレストランに入りました。
とても忙しいらしく、店員さんがなかなかオーダーを聞きにきてくれない。
通り過ぎる店員さんに「May I order , please?」と声を掛けたけど、そのまま忙しそうに行ってしまう。

どうしようかな、と思っていたら突然「ミネラルウォーター」が運ばれてきた。
どうやら発音が悪く「ミネラルウォーター、プリーズ」と聞こえたみたい。博美さんと苦笑い。

歩きまわって喉も乾いていたので、美味しくミネラルウォーターを飲みました。その後、無事食事もできました。

ツアーで訪れたスペイン。たくさんの都市を忙しく見て回った。いろいろ見れるのはいいけど、移動時間も長いし、疲れた。

海外旅行|海外ツアー|JTB
海外航空券・格安航空券

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です