ぶらりお散歩「桶狭間」

桶狭間公園 織田信長公 今川義元公 銅像

名古屋市緑区の桶狭間古戦場公園にある銅像です。
左が織田信長公、右が今川義元公です。

梅雨の中の晴れ間。朝から気温はぐんぐん上昇して、真夏の太陽の日差しのお昼。
大府市に用事があり、少し時間があったので、そこからなんとなく散歩をしました。

目的地を何も決めないのも寂しいので、どこにしようか考えました。日差しも真夏並みなので、木陰で涼みたいなとgooglemapで公園を検索。涼しい場所はなんとなく北にあるという意識があるのか、北にある公園を目指すことにしました。

住宅街をぶらぶら歩きます。いろいろな家を見ながら歩くの楽しいです。

 

車が入れないような路地を見つけるとうれしくなり、そこを通ります。

武路公園

30分くらい歩いて公園に到着。「武路公園」(ぶろこうえん)って読むのかな?と、昔一人旅でインドに行った時に知り合ったインド人がブロという名前だったな、と思い出しました。
実際は「たけじ」みたいです。

木陰も十分あり、日向に比べれば涼しいですが、住宅街の公園であまり落ち着く感じでもありません。芝生があって寝そべれたら最高でしたが、そんな場所はなかなかないですね。

行きと帰りは違う道を歩くことにします。途中に木に囲まれたお寺があったので、そこによってみようかな、と歩き出しました。
強い日差しを避けるように、建物の日陰を見つけて道路の際を歩きます。

暑いなー、と思い歩いているとノボリをたくさん立てた公園がありました。「桶狭間」の文字が見えます。
なんだろうと近づきます。
とその前に、激安衣料アップルズというお店が。とにかく日差しが強かったので、帽子を買おうと中に入ります。どんなのでも激安ならいいやと帽子コーナーへ。いまいち欲しいのがありません。いくらなのかなと値札を見ると、約700円。布も厚めでこの季節にあったものでもありません。100均でも売ってるだろうし、100円くらいを期待していたので何も購入せず店外へ。

桶狭間古戦場公園
「桶狭間古戦場公園」に来ました。学生の頃に「桶狭間の戦い」として記憶があるくらいでほとんど知識はありません。

思いがけなく歴史探訪になりました。

桶狭間古戦場公園 湧き水
以前は豊富に水が湧いたらしいですが、区画整理後水は湧かなくなったということです。

「桶廻間」湧水の勢いで桶がくるくる回っている様子を見て旅人が休憩したことから由来。その後「廻」が「狭」に変わった。

冷たいのかなと手を付けてみると、生ぬるい。井戸水でもなさそう。循環させてるのかな。

「桶狭間史跡マップ」を手に入れたので、近いところを散策することにしました。
桶狭間神明神社 桶狭間神明神社
「桶狭間神明社」大きな木に囲まれていて、降り注ぐ光が古い時代からの威厳を感じさせます。


長福寺 弁天池
続いては「長福寺」へ。今川義元は大歓迎されたそうですが、誰もいなくて太陽の日差しがただただ熱かった。

長福寺 弁天池 弁天池 大黒さん
弁天池には睡蓮がびっしり、水面を覆い尽くしています。橋の向こうには祠。
弁財天さんではなく、大黒さんが笑顔で迎えてくれました。

いい時間になってきたので、帰路につきます。
約2時間、ひさびさにぶらり散歩しました。
歴史のことも少し分かって、楽しい時間でした。(暑かったけど)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です