地盤調査は自転車で


01

名古屋の設計事務所に勤めていた頃。運動不足、寝不足、不規則な食事で脂肪肝の診断を受けました。その頃始めたのが自転車。最近はほとんど乗ってませんでしたが、昨年末くらいから体に負担を掛けないで、運動するのにやっぱり自転車かな、と再び乗り始めました。
半年くらい乗ってましたが、リムは曲がっているし、変速はスムーズにできない。自分で調整してみたら、より悪化させてしまいました。メンテに出そうと、お店に持って行くと、結構な額が掛かることが判明。結局新しい自転車にしちゃいました。
7月初め
「アンドの家」の現場は、自転車で走るのに丁度いい距離かな、と普段は北の方にしかいかないので、いつもと違う方面にも行こうと、出発。
炎天下だけど、風が当たってはしっている間は、気持ちがいい。止まると暑い。
現場に着くと、現場員とシャツ姿の人。シャツの人に、僕に誰ですかと聞かれたので、「設計やらさせてもらってます」と上司の人だと思って答えたら、近隣の人でした。僕の格好は短パンにTシャツなので、聞かれてもおかしくないですね。ちなみに近隣の人は同業者でした。
建て替えだったので、地盤改良なしを期待しましたが、少し不安な地盤。
地盤調査の結果、圧密沈下量と、不同沈下が許容範囲ぎりぎりなのをお施主さんに説明して、地盤改良することになりました。

02
盛土層 -> 粘土層 -> 砂質層
粘土層で自沈が確認されました。支持地盤となる砂質層が比較的浅くてよかったです。
03
橋の上から、川を眺めるのが好き。川が前日の雨で濁っていたのが残念。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です