2015年

2015年も今日でおわりです。
事務所とは関係ありませんが、11月に急逝した母の思い出を書かさせていただきます。
お惣菜屋さんを営んでいた母。年末は毎年一番忙しくしている時期でした。おせち料理の仕込みで、朝早くから夜遅くまで、毎日家とお店で煮物を作っていました。家の中には煮物の香りが広がり、換気扇の音が響きます。
大晦日の夜は、残念ながら売り切れなかった料理を持ち帰って来て、晩ごはんのおかずにします。どれも美味しいので、食べ過ぎに注意です。
母が楽しみにしている紅白歌合戦をテレビで流し、年越しそばを作って食べます。年末の忙しさから開放されて、年始はいつから仕事で、それまでゆっくり休めるね、と話すのがいつもの年末でした。
今年の年末は、静かな年末です。匂いも香ってきません。
テーブルにたくさんの母のお惣菜が並ぶこともありません。
そこで母のことを残念がっても、母は喜ばないと思うので、僕が好きだった煮物を作ってみることにしました。
母の思い出の料理 煮物 かくふ 01
角麩です。ちょっと味が薄かったので、次回はもうちょっと濃くしてみます。
母の思い出の料理 煮物 こんにゃく 01
こんにゃくです。なかなかいい味になりました。
母の思い出の料理 煮物 さといも 01
さといもです。失敗でした。味も薄いし、ぬめりが出すぎました。
母の味には遠く及ばないけど、煮物を作るのも面白いことを知りました。
また、挑戦します。
上棟の時、何件か母の仕出し弁当を頼んでいただきました。ありがとうございます。
とても喜んでもらえたことを、母に伝えると、本当に喜んでいました。
母のお弁当 上棟お祝い01
母のお弁当 上棟お祝い02
母のお弁当 上棟お祝い03
母のお弁当 上棟お祝い04
どれも本当に美味しかった。
お母さんありがとう。
夏には鮎の甘露煮に挑戦したいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です