母の友達

11月17日は母の一周忌でした。

母が亡なくなってから1年です。
あっという間の1年でした。

突然の別れだったので、とても辛く寂しかったです。
今でも母が笑顔で帰ってくるんではないか、と思っています。

一周忌の昨日、母の友達が「七郷の家」に遊びに来てくれました。

午前中に来たのは母が小学生からの親友です。
話をしていると、母の考え方とすごく似ている。長い付き合い、さすが気の合う者同士。母がするであろう心配やアドバイスをしてくれます。
母の姿を思い出し、悲しくもなりましたが、元気ももらえました。

お昼からは、いつも母が仲良くしてた友達。
近所のスーパーにいくのも一緒、趣味のお参りに行くのも一緒。
「美容室Frank」ができてからは、毎月「美容院、行ってくるでね」と母の運転で楽しそうに出掛けて行きました。
そんな友達。僕が知らない母のこともよく知っています。

友達から出てくる言葉は、本当に母は良い人だったということ。
母はパワーを持ってました。みんなの悩みを受け止めて、励まして元気をあげる。
夜な夜な遅い時間まで、家にいろいろな人が母に会いに来ていることがよくありました。
母に話してすっきりした人達の顔。
朝早くから仕事なのに大丈夫かなと心配してましたが、いつも「全然大丈夫やよ」と笑顔の母。

母は愚痴をほとんど言わなかったというか、全く聞いたことがない。
友達に言ってたかもと聞いてみると、「聞いたことない」の返事。
まわりの愚痴はいっぱい聞いているのに。改めて思いました。すごいお母さんだったんだなぁ、と。

充分な親孝行ができなかったと、友達に伝えると、
「そんなことないよ」
と母が喜んで僕のことを話している様子を教えてくれました。
聞いていて、うれしい気持ちと、直接話すことができない気持ち。そうだったんだと。涙が自然にでて止まりません。

いいお母さんだったなぁ
ありがとうね。

たまに涙がでるけど、しょうがないね。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です