おやまっのいえ 外観

施工:高岩組

「おやまっのいえ」は岐阜県大垣市に建つ木造の住宅です。

はじまりはインターネットの問い合わせからでした。
工事はオーナーさんの知り合いの工務店が担当しました。

スキップフロアを採用して楽しい空間になりました。敷地は東西に5.5m、南北に29mの狭い敷地でしたが、幸い南北と東側を道路に面しています。
家の中は敷地の狭さを感じさせない開放的な空間が広がります。
東側の格子戸を入ると玄関です。ガラス張りの玄関は、オーナーさんもかなり迷われましたが、空間に一体感がでて正解でした。一応プライバシーも確保できるように外付ブラインドを要望されて設置しましたが、使ってないとのこと。

リビングには薪ストーブを設置、2階の寝室は格子状でストーブの熱を家全体に広がるようにしています。壁にはクライミングホールド、ハンモックも引っ掛けることができ、お子さんたちの笑顔が広がります。友達が遊びにくると、みんな帰りたがらない、そんな家になりました。

スキップフロアで不便はないですか?とオーナーさんに聞くと、メリットしかないという。
ダイニングの下には大きな収納空間。夏には段差を利用して流しそうめん(これには驚きました、その様子ブログでどうぞ)。年を取ったら大丈夫かという疑問もありましたが、80歳を越えたおばあちゃんがリハビリになると、よく訪れてくれるという。

家を、たっぷり楽しむ空間に活用してくれて本当にうれしいです。

 

内装アクセント塗装:ポーターズペイント

寝室、子供室、リビングの壁をオーナーさん自ら塗装しています

織物壁紙:アトピッコハウス すっぴんクロス

通常のビニールクロスではなく繊維でできた織物の壁紙を使いました

クライミングホールド:ホールド屋

リビングにはお子さん大喜びのクライミングホールドをオーナーさん自ら設置しました
 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で